ホメオスタシオス.com

ダイエットの停滞期とホメオスタシオス

どんな人でもダイエットを長い期間していると停滞期を経験するといいます。体重が順調に減っていたのに、停滞期になると減り方が鈍くなってきます。ダイエットのモチベーションが下がってしまう人も多いのは、運動をさぼっているわけではなく、食事も制限しているのに体重がちっとも減少しなくなってしまうからでしょう。停滞期は、体がホメオスタシオスという体の防衛機能になって起こります。一定に体の状態を保とうとする体の働きがホメオスタシオスというもので、周りの気温が下がっても一定に体温を保とうとするのもホメオスタシオスの機能だといいます。ホメオスタシオスは、ダイエットのために食事を少なくすると、食事が減っても体重を保持しようと働くといいます。摂取カロリーをできるだけ脂肪として蓄積しようとし、消費カロリーを減少させます。摂りいれることができる栄養が減っても、停滞期のときは体の状況が変わらないように、必死に体が対抗している状況だといいます。ある期間停滞期が続いた後で、もう一度体が元に戻りダイエットがうまくいくようになります。停滞期の期間は人によって差があり、2週間程度で終わる人もいれば、1カ月かかる人もいます。実はダイエットにとっては邪魔なことですが、健康な体が起こす正しい反応が停滞期というものです。うまく停滞期をやり過ごせば、かならずダイエットを成功させることができるといえます。

ダイエットの停滞期中にすること

どのような対策をすれば、ダイエット中の停滞期を乗り切ることができるのでしょうか。特別なことをする必要は、ダイエットの停滞期に入ったからといってないようです。しっかりとダイエットが進んでいるときこそ、停滞期は起こるものです。これまで通りの運動やカロリー制限を続けることが大事です。なかなか体重が減少しないからといって運動量を増やしたり、さらにカロリー制限をきつくしたりするのはおすすめできません。適度な食事制限と運動を継続することで、ホメオスタシスの働きをなるべく抑えるようにしましょう。停滞期であることは分かっていても、順調に減っていた体重の減りが遅くなると、イライラしたり落ち着かなるものです。旅行や飲み会などによるイレギュラーな食事、たまにおこる体調の変化などダイエットに影響のある日常生活の変動は起こって当たり前です。ダイエットが、停滞期の間のいろいろな原因によって阻まれることのないように記録を客観的につけておくのが良い方法です。今が停滞期なのか、違うのかも毎日体重を記録することで明確になります。たとえダイエット中に停滞期になっても、マイペースを維持しつつ必ず停滞期を抜けると思い続けることが重要です。もう一度体重は停滞期を過ぎれば減少しますので、もう少しでダイエットを達成することができます。

ダイエットにおける停滞期中の心構えについて

ほとんどのダイエットをしている人が経験するのが停滞期というものです。ダイエット中に停滞期になると、うまくいっていない感じがして焦ってしまう人も多いでしょう。ダイエットを停滞期に入っても気が滅入ることなくそのまま続けるためには、停滞期はどんな心構えでいるべきなのでしょう。ダイエットには停滞期が必ずあることを理解することです。心に余裕が生まれるので、ダイエットをしていれば停滞期がかならず来るというとを理解しておくことは大事なことです。ストレスを、正しい知識を得ることで減らすことが可能だといえるでしょう。希望通りに体重が減少しないと、食事制限や運動を一生懸命やっているのにとストレスがたまってしまうでしょう。しっかりとダイエットができているというイメージを、停滞期中はできるだけストレスがたまらないように、持ち続けることをおすすめします。長い期間をかけてダイエットするのであれば、やる気を保つことはポイントになります。ダイエットの停滞期がしばらく続けば、体重が減っても身体機能が維持できると判断した体は、停滞期から脱します。次の体重減少のために準備を体がしている期間がダイエットの停滞期と思っていれば、気持ちも落ち込まずにすむでしょう。ダイエットが今までどおりに順調にすすむときがかならず来ると確信し、ダイエットを継続していきましょう。